SNS

『好きが最強』好きか?安定か?金か?評価か?僕が感じたことofエクスマセミナーin東京

エクスマ
Pocket

『そうそうそう!』

もう共感の嵐でした。
昨日、5月26日お台場カルチャーカルチャーで行われた、まるでLIVEのような『好きが最強エクスマセミナー』に参加して心の中でシャウトしまくり。

元々やりたいことで食べている人もいれば、今ある仕事の中で好きを注入する人、これから足元のやりたいことを見つけていくという人など、この日参加されたのは総勢100名の経営者や担当者。
整理という意味も含めて、僕が感じたことや好きってなんだ?ということを、僕なりに書いてみようと思います。

『好き』を考える

自分の『好き』なことを、ソーシャルメディアで自由にたくさん発信して、知ってもらって共感してもらうこと。だからもっと『好き』を発信しよう!それができる時代になったんだ。『好き』を仕事に取り入れよう!

そうやって、語りかけるようにエクスマ創始者の藤村先生は優しくアツく伝えてくれます。

僕が思う『好き』って、

  • ワクワクすること。
  • 心踊ること。
  • 快感。
  • 時間を忘れるぐらいはハマること。
  • 感動して思わず歓声をあげてしまうこと。
  • 思わず気になって仕方ないこと。
  • 誰に何と言われようがやってしまうこと。
  • 外になくて、自分の中にしかないもの。

そこにあるのは、心が喜ぶこと。利害関係とか儲かるとかは二の次。

さらに、『好き』なことの先に、喜んでくれる人がいてるって、もう幸せすぎませんか?

キレイ事でもなんでもなくて、今は自由とか遊びとか取り入れても全然受け入れてくれる時代です。マジでそう思います。

そして、エクスマの先輩のみなさんは、みんな『好き』を仕事に取り入れて、まるで遊んでるかのように楽しく仕事をしている人たちばかり。『好き』に出逢えること自体が、もしかしたら凄いことなのかもしれませんけどね☆

好きなら、その『好き』をとことん突き詰めていくことがめちゃ大切。『好き』なら、考えるよりも先に動いちゃう、そんなこと、みんなあると思います。

『好き』を仕事に取り入れる視点

media-20160527 (4)

登壇一人目は、ハッピー薬店の社長兼エクスマ事務局のハッピー橋本さん。

『好き』を仕事に取り入れて、楽しいと自由を手に入れた堺市にあるハッピー薬店社長&ハワイアンカフェオーナーのハッピーさん。

「好きなことを取り入れて、キライなことはやらない」という選択をして、行動しまくったエクスマの大先輩。

いつもシンプルに分かりやすくて、聞いてる僕は頭の中が整理されていきます。

好きなときに、好きな人と、好きな場所で、沖縄とかグアムとか行って遊びながら仕事をしているハッピーさんの周りには、『好き』に囲まれています。マジヒントだらけ☆


 

image_705

登壇二人目は、エクスマ塾上位にあたる、エヴァンジェリストコースのシーラこと白崎さん。(くらちゃんの画像借りました☆)

元ビジュアル系バンドのベーシストで、現在は、走る広告トラック「アドトラック」やゲームアプリなどの事業をされている株式会社エキゾチックワールドの白崎さんの話は、『好き』をどんどん形にされたリアルストーリーでした。

自身が飼われている愛ネコ(エキゾチックショートヘア)大好きで、猫のアプリや4コマ漫画、LINEスタンプを制作して発信。

media-20160527 (5)

音楽好きを組み合わせて、アドトラックのキャラクター「アドライオン」のテーマ曲をレコーディング。ベーシストだった白崎さんが初のボーカルで収録した歌が、東京の街を走るアドトラックのスピーカーから流れているとのことです。

media-20160527 (6)

白崎さんの話は、すごいストレートに届きました。まさに『好き』を仕事に取り入れて結果につなげているんだなぁ。途中、色んな壁があったかもしれないけど、それすらも楽しんで形にしていったのがすごい伝わりました☆


 

image_706

三人目の講師は、横浜の大口商店街にある美容室「ロディーナ」のオーナー、エクスマエヴァンジェリストのミッツこと吉川さん。

売上を追う前に、一緒に働く目の前の仲間を大事にしよう!ほんまその通りだと痛感&共感させられたミッツこと吉川さんの話。吉川さんの体験話は、たぶんどんな経営者やオーナーでもぶち当たる話だと思います。人をコマとして見たり、売上が上がらない原因をスタッフのせいにしたり。。。

スタッフが主役のお店づくりを、具体的でわかりやすい説明で、話にどんどん引き込まれていきました。

media-20160527 (7)

全国に23万件もあると言われている美容室の業界だからこそ(どの業界も一緒だけど)、人を大事にしない会社やお店は、結局お客さんが付かないから売上も人気もあがらない。

media-20160527 (8)

だから、一緒に働く仲間を心から応援する!ってお話から、仲間が生き生きとやりがいを持って、お客さんと関係を作っていく事実のストーリーを聞かせてもらって、「髪切るならこういうお店に通いたいな」って思いました。結局、売上!とか売り込みしてくる接客って、お客さんにバリバリ伝わるし、スしんどそうか、楽しそうかタッフさんの顔とか見てたらすぐわかっちゃうし。

身近にある美容院の話なので、「スタッフの大切なものを大切にする」ってことを、ちゃんと実践して行動して結果働くのが楽しいお店になって、結果、売上もついてきたそうです。

人が一番大事、本当にそう思います。

周りに批判されても、『好き』を続ければいい

僕は十代後半歳の頃、自分の進路を決めようとみんなが就活をしてた頃。
『世の中そんなに甘くない!』とか、周りの否定的な意見は声援と思うようにした。

もうめっちゃ言われました、20代はずっと(笑)
「何いってんの?」
「それは甘いわ。」
「それはキレイ事、もっとしっかりしようよ。」
時には、本気で怒られたこともあったけど。
その時の大人の先輩たちは、自分の苦労話を、しんどかった昔話を、僕を説き伏せるかのように延々と語りました。

「だから、お前もしっかりしろ!」って言われて、正直めちゃムカついたけど、そんなこと言われれば言われるほど、もっと自由になってやる!って強く心に誓うのでした(笑)

好きなことで食べよう。楽しく自由になろう。それだけは、絶対捨てないでおこう。

周りがなんと言おうと、『好き』ならとことんやっちゃえ!僕はそう思います。

『好き』を続けてだんだん結果がついてきたら、批判してきた人たちの意見がコロっと変わる時が来ると思います。だから、人の批判や意見なんて、実はすごいテキトーなんだと思います。受け入れてくれたってことでもあるんですけどね☆

だから、仕事とプライベートってわけずに、思う存分『好き』を取り入れて『好き』を続けていこう!『好き』を続けるってことは、自分自身がチャレンジするってことだと思うし、何より『好き』は楽しいから周りの人まで楽しくなるハッピーな力があると思います。

僕もさらに『好き』を実践して発信していこう。『~すべき』とか『~ねば』とか、心に余裕なくておもろないでしょ☆

それでは、また明日♫

media-20160527 (9)

昨年、広島であったくらちゃんとうらちゃん。二人ともエクスマ塾71期生。再開できて嬉しかったYO!うらちゃん、お酒飲み過ぎないようにね~!また会いましょう☆