ブログ

仕事のやり方は人それぞれ。一番しっくりくるやり方がえぇじゃないか。

仕事のやり方
Pocket

こんばんは☆

今日は昼からずっと湿っぽい雨が降っていて、今年も梅雨の季節に向かっているのを感じます。

1日事務所作業だったので、ご飯食べがてらお気に入りのノイカフェに移動し、夜カフェの雰囲気を楽しみながら、仕事の続きとブログを書いています。

nucafe

西宮市・苦楽園にある、地元の落ち着けるタバコも吸えるカフェ「ノイカフェ苦楽園天

こうやってカフェで優雅に仕事ができるのも、ノートPCやタブレット、スマホを持ってるだけでどこでも作業できちゃうのが、当たり前になったけど、本当に有り難いことですね。

でも、今日はSNSやる以外、PCはほぼ触っていません。

僕は、色んな案件の整理とか、企画の構想マップとか、今後の作業を手描きでずっと描いてました。実は、アナログな描くということが、僕にとって一番しっくりくるやり方です。

仕事のやり方は人それぞれ。

nu cafe

彼女の写真アップの許可は、中々降りませんが、これはオッケー。あえてブレブレ(笑)

自分の一番しっくりくるやり方がえぇじゃないか。

自分の一番ワクワクできるやり方を続けていくことは、自分の体にリズムとして染みこむ。そんな感じ☆

例えば、僕の場合は最初に紙に描いて整理します。

頭の中でまとまってないアイデアの欠片や、閃いた言葉の羅列から始めます。

現場に行って感じたこと、もっとこうしたらいいよね!ってこと、全部紙に描きます。描き殴りながらもう一人の自分と対話してる感覚。

そこに、お客さんが言っていたこと、売上以外の実現したいことなどが、どんどん整理されてまとまっていく感じです。

その辺りから、ちょっとワクワクしてる自分が出てきます。

ここまで来たら、誰が喜んもらっているか、そのシーンはどんな状態か、イメージが浮かんでくるので、また紙にその状態を描いたり、それに近いイメージや言葉の意味などをスマホで検索したりして、どんどん形の種がうまれてきます。

これが、ウェブサイトや印刷物の場合だったら、レイアウトのラフをペンでささっと描いて、言葉を埋めたり、どんな写真が入ったら伝わるか?をイメージであてていきます。幅・高さ・比率とかも紙に描きます。

イベントの場合だったら、企画書のページ構成を紙に描きます。誰が幸せになるの?そのためには・・・とか。

そして、ある程度、紙の状態で具体的にした時点から、やっとPCの出番です。もう、ノートはすぐなくなりますが(笑)

「ワクワク」は僕のバロメーター

まるで建築の設計プロセスのような流れですが、僕はずっとこのやり方でやってきたので、いきなりPCを立ち上げて作っても、必ずと言っていいほど、途中で振り出しに戻ります。

結局、心がワクワクしないと、仕事が始まりません。それが、一番僕のしっくりくるやり方です。最初ワクワクしなければ、ワクワクを紙に描いて探しだす作業をしてるのだと思います。

ワクワクの地点まで行くと、ほとんどがいい感じに出来上がり、喜んでもらえることも多いです。僕にとって、「ワクワク」は成果物のバロメーターでもあります☆

僕がワクワクするパワーの源って、お客さんの想いだったり、お客さんのその先のお客さんの笑顔やエピソードだったり、盛り上がってる姿だったり、お店の大切な歴史だったりします。

人によって、仕事のやり方とかモノゴトのススメ方って違うと思うし、もっといいやり方っていっぱいあると思うけれど、自分が一番しっくりくるリズムとか進め方が、結局ハッピーな結果をもたらすんじゃないかなぁ。

自分を信じるくらい描きまくる、やり続けると、やり方なんて何パターンあってもいいよね☆うん、そうだ。

たまに来るお気に入りのカフェで思ったのは、「自分のしっくり」を持つことっていいね!って感じのことでした。