SNS

【前編】エクスマ≒吉田松陰の松下村塾って思った2DAYS

Pocket

どんなに素晴らしい話を何回聞いても、結局自分でやってみないとわかんない。

自分が尊敬する人達のマネから始めてもいいし、素直にやってみることがとても大切なんだと切実に思う今日このごろ。

考えすぎて、周りの目を気にしすぎて、やらないってのは、頭にも身体にもよくないことを身をもって知りました。何でもそうだけど、今の僕の場合は、ブログやSNS。やればやるほど、その楽しさや意味合いの深さに興味深々の今日このごろ。

はじめの第一歩を歩き出して、やってみれば見るほど、周りで毎日発信し続けている先輩達の凄さを思い知る。だから、人に会って、話を聞いて、自分もさらにやってみよう!とやってきたのが「鳥取エクスマセミナー」。山陰・鳥取を盛り上げよう!と地元の経営者や担当者約100名が集まる会場に僕も参加しました。

神戸から鳥取まで、安全運転で2時間半。

めちゃくちゃ近かったんやね!これならいつでも来れるね、鳥取☆

鳥取はエクスマの基本とSNSの基本をおさらい

経営者の方、企業の担当者の方、地域を盛り上げようと来られた方。エクスマを知ってる人と知らない人の割合が、約半々。合計で約100名の参加者。

僕はいつも思います、エクスマの魅力。
※エクスマについてはこちらを見てね☆

こんなに沢山の人達が集まって、エクスマに求めていること。

今までのやり方で、儲けよう!じゃもうダメだって、頭のどこかで分かっていて、どうやっていいかのヒントを求めにきたのか。みんなが、エクスマの創始者藤村師匠ことスコットの話に共感していく会場の空気。これは現場の「地場」を感じないとなかなかわからないと思いますが、

モノを売るな、体験を売れ。

安売りするな、価値を売れ。

つながりの経済。つながりの消費。

個人の時代。

心で仕事をする時代。

好きな人と好きな仕事をする。

など、激変する時代の流れの中、これからどうやって商売をしていけばいいのか?のヒントをわかりやすく伝えてくれます。キレイ事ではなくて、真剣にありのままの好きでやっていった人が仕事を楽しく生き抜いていく時代。だから、今まで成功していても、過去のの実績や成功にあぐらをかいてちゃ、本当に危険な時代だと思います。

今回鳥取で、スコットこと藤村師匠はじめ、エクスマ塾生のコナンことクスリのイヌイ乾康彦さ、ナイトことソーシャルマーケッター藤田和美さんが、参加者の僕たちに伝えてくれたのはエクスマの基本と、SNSがなぜこれから欠かせないのか?とてもわかりやすい事例で伝えてくれました。

SNSやってて驚いたことin鳥取。

SNS

SNSは売り込みツールじゃない。SNSは関係性を作るツール。自分をさらけ出していくこと。SNSやってたら、どんどんわかっていくことがあります。

人柄が分かってしまう。嘘はバレるw

僕も最初は顔を出すのを躊躇してました。でも、その重要性を理解して、自分の顔も出して、発信の先の人が喜んでもらえる発信を試行錯誤して心がけてます。

そして、今回驚いたのが、初めて会うのに、会う前から僕のことを知ってくれている人がいたってことです。エクスマ塾同期のつよっさん(旧:バルーン、おまはん)が兵庫県最北の香美町の知り合いを4名連れてこられていました。

もうすぐに打ち解けた!前から知っている感じで、初対面の緊張感なんて何もなかった。これは、本当にすごいと実感しました。SNSやってる人なら当たり前の感覚なんですけどね、それが僕の目の前で起こりました。

みんながこれからの時代に備えなきゃと動き出している

12985351_906006829496633_9153327536037762222_n

誰の言うことを信じて、自分が行動するかは、本当に自由だと思います。

世の中には、色んなセミナーや塾・勉強会がある中、僕が選択したのがエクスマ。みんながこれからの時代に備えて動き出しています。

僕は二十歳の時エクスマの本に出逢って、ずっとブログも読んで、15年後。この人なら、と思って入塾しました。どこかに所属するのが嫌な僕にとっては本当にドンピシャ。

最近、武村宗教入った?」みたいな噂もちらほら有るみたいだけどW

列記とした「仕事」や「お客さん」のための塾です。

みんなで楽しく支えあって好きなことで仕事をする。

まるで時代の変動期に、革命が起こるように、みんなが変わらなきゃと、自分のお客さまのために動き出す。

そういうことを、今回鳥取に行って思いました。

そして、次の日は大阪!

鳥取の人とも繋がり、同期にも再開して、なんかもう楽しむしかないよね!ってなっている自分がいました。今までは、「頑張る」だったのに、「楽しむ」になってるのが面白いね☆

【後編】へ続く…