カフェ時間

木のおっちゃんの話。おもろい木「ゆげ工房」

京都のおもろい木「ゆげ工房」
Pocket

3月いっぱいは、デスクワークの毎日が続きます。

朝、事務所の扉を開くと、木の香りに包まれて、音楽を聞きながら珈琲を飲むことから1日が始まります。最近のルーティンはこんな感じ☆

僕の事務所のテーブルの天板は、木のことをこよなく愛する木のおっちゃん「ゆげ工房」の弓削さん夫婦から買った天板です。去年買いにいったんですけど、自分が伐採した木に対しての愛情を沢山語ってくれたました。

沢山ある天板の中から、「この子、美人やわ~」って言って厳選してくれて、木に対しての思いやりが詰まった天板は、「ずっと大事に使うから!!」って思わせてくれます。

昔、ドライブでこの辺を走っていた時にたまたま見つけて入ったお店。

おもろい木 ゆげ工房

京都のおもろい木「ゆげ工房」の北山杉

京都の山奥。京北町の手前。国道162号船沿いに「おもろい木 ゆげ工房」はあります。

京都の山奥、京北町手前にある国道162号線沿いに、「おもろい木 ゆげ工房」があります。目立つ看板だけど、車で走っていると見逃す恐れも。弓削さん夫婦は、おもろい木だけじゃなく、季節の無農薬野菜も栽培・販売しています。

工房はとても広く、木で作ったオブジェから、天板、木製ベンチなど、他色んな木製品が並べられていいます。木の種類は、杉、ヒノキ、もみの木など種類も豊富。

自由に工房にある木を見学させてもらって、天板の話を伝えると、天板専用の部屋へ案内してくれました。

この板、美人やで~

予算を伝えて、今回は天板を3枚購入する予定でやってきたことを伝え、木のおっちゃん弓削さんは、天板を探してくれました。

「ほら、あった。美人さんやで、この板3枚。厚みもあって、これでええやろ?」

勧めてもらったのは杉の天板。年輪と木目の美しさを熱く語ってくれたので、そのオススメの天板を早速選んでもらい、さらに加工までサービスしてくれました。

京都のおもろい木「ゆげ工房」のは加工までしてくれる。

工房では加工までしてくれるから、あとは帰ってワックスを塗るだけ。

加工してもらっている間、この日はとても寒かったので、焚き木の横のベンチに座ってずっとおっちゃんの作業を見てました。ふと目の前に、ちょっと変わった形の立派な木のオブジェが。「北山杉」という名の歴史と深く関わりのある、杉の物語を聞かせてくれました。

昔は「北山杉」が売れに売れた。

京都のおもろい木「ゆげ工房」の北山杉

ゆげ工房の真ん中に、おもしろい形をした北山杉のオブジェが。

室町の時代、この「北山杉」と言われる杉の木は、茶室などの数寄屋建築によく使われていたみたいです。「茶の湯」文化を広めた千利休が火付け役らしい。

木の歴史の専門家じゃないから、詳細はここでは割愛しますが、この「北山杉」は京都の御所や、桂離宮にも使われて、昭和の時代は、「和室=北山杉」と言われるほど柱の素材としてよく使われていた、とのことです。

だから、昔「北山杉ブランド」は売れに売れたことを想い出しながら、木のおっちゃん弓削さんは、北山杉の話をきかせてくれました。

今では需要が多様化して、カフェやアパレルショップの木材としての注文から、映画のセットなど、全国からの注文も来ているとのことです。

「ゆげ工房」ファンは、弓削さん夫婦に会いに遊びにくる。

京都のおもろい木「ゆげ工房」の工房

ここの工房で、希望のサイズに天板をカットしてくれます。夏にはここでバーベキューできたら楽しそう☆

弓削さんの色んなお話を横で聞いていて、弓削さん夫婦のことがすごく好きになりました。

ゆげ工房で買い物をしていく常連さんたちは、夏になるとここの広場でバーベキューを楽しみにくるそうです。場所代も取らず、スペースを貸してあげて、「みんなが楽しんでくれたらそれでいいねん。」ってニコニコしながら言ってました。

まるで親戚が帰ってきたような感じで迎え入れてくれる温かさに、弓削さん夫婦の素敵な人柄を感じました。

だから、ゆげ工房は、木材や野菜を通して、「心の安らぎ」を提供してくれてるんだなぁって。天板を買いにきただけなのに、色々お話を聞いていると気づいたら6時間もゆげ工房で過ごしてました。

しかも、帰りに「これ持って帰って~」って、畑で育てた大きい白菜と、ぷりぷりのしいたけと、立派なネギをプレゼントしてくれて、もうめちゃ感激☆ありがとうございます!

京都のおもろい木「ゆげ工房」の北山杉

ゆげ工房では、京野菜も育てて販売している。鍋して食べたけど、白菜がめちゃくちゃプリプリで甘かったです。

木に対しての愛情を注ぎながら、来店したお客さん一人ひとりと楽しくおしゃべりしながら、喜んでもらえることを提供してくれる、「おもろい木 ゆげ工房」の弓削さん夫婦との素晴らしい出逢い。宣伝もそんなにせず、口コミで徐々に全国にファンが広がっていったのはすごく納得。

木が好きな人、人が好きな人は、知る人ぞ知る「おもろい木 ゆげ工房」にわざわざ遊びにいく価値ありだと思います☆やっと弓削さんのことここで書けたな~。

おもろい木 ゆげ工房のアクセス情報

おもろい木 ゆげ工房(自然の木の香り/新鮮 京やさいの店)

URL: http://www.geocities.jp/yuge_koubou/

〒601-0131
京都市北区小野下ノ町38
営業時間/ 9時~17時
TEL/FAX/ 075-406-2457
定休日/ 毎週木曜日

ACCESS MAP

国道162号線を北に向かってまっすぐ。

「中川トンネル」を越えてちょっとしたら「おもろい木」の看板が見えてきます。