テアーモ!

相乗効果で心に火がつく!腹割りトーキングできる関係。

Pocket

大盛況の真破壊LIVEは一日目が終わり、舞台はアフターパーティへ。
こんばんは、テアモこと武村です☆
様々な業界の経営者、会社担当者が入りまじって、年齢も肩書も関係なく腹割って話すこの場の雰囲気はみんな子供のマブダチみたい♪

■腹を割ってオープンで認め合う関係

はしゃぐ子供のように無邪気に話し合う、気さくで楽しい北海道の先輩お兄さんとお姉さん達、もうめっちゃパワフルです!先輩お兄さんとお姉さん達の話を、梅酒SODA割りを飲み会話に交じりながら、腹割って話すことは、やっぱり気持ちいいなぁ。
 
やっぱり何するにも、腹の底から言いたいことを言って分かち合える関係性は、損得勘定関係なく結果的にうまくいくんだなぁと思います。だって、お互いの価値観や素性を理解しあってオープンに受け入れあう友達みたいな関係。まずは自分が心をオープンすることからスタートです。

■ふと、最高にグレイトな組織や会社を思い浮かべてみた。

腹割りトーキングさ中、前から考えていたグレイトなチームワークのことを思い出しました。
「やっぱり組織や会社こそ、こうやって腹割った関係のチームワークができあがれば、一人ひとり輝くんやろなぁ」親友みたいな社内の風景、絆が生まれる文化。
 
無理だろ!と思ったらずっと、たぶんずっと自分は無理なんだろうな。
綺麗ごとだろ!と思ったら、ただ綺麗ごとと言い訳している自分がいたり。
まじで?と思ったら、自分をオープンマインドにちょっとでもなってみたら、周りの環境も変わっていくかも?

■腹割ったチームワークは、自社も他社も巻き込む状態

「クライアント」と「社員や協力パートナー」の両方に腹を割るスタンス。
僕も仕事でたまに見る、うまくいっている人って、同じ社内や協力パートナーに熱を共有できる仲間をどんどん作って、やりたいことを実現しちゃってます。もしご本人の許可をもらえたら、またブログに書かせてもらいたいなぁ。
 
自分のために「人をコントロールしようとする」んじゃなくて、気持ちを共有する人。自分だけの都合のために人をコントロールしているトップの社員さんに共通することは、そこで働いている人たちは息苦しくなると思う、たぶん。
 
そうじゃなくて、腹割ってコトを進める人は、どんどん関係を築いて仕事もプライベートもめちゃ楽しそうだから、周りに人が寄ってくるんです!僕も一緒にいてて本当に楽しい。僕もまだまだだけど、心から腹割って話すスタンスで周りの人に火をつける存在っていいね!と思った、今年一番の寒波が来た阿寒でのことでした。