SNS

8年ぶりに友人ミホさんとの再開。Facebookで出会えた嬉しさ。

Pocket

2005年に消滅した格闘技イベント「PRIDE」の中で、今も鮮明に記憶に残るのが、桜庭和志VSホイス・グレイシーの時間無制限マッチの1戦、2000年5月に行われたPRIDE13の2回戦で、実質メインイベント。

当時は、スカイパーフェクトTVで放送をしていて、当時バイトしていたカフェ&レストランのスクリーンで興奮してずっと見てたのを覚えています。

2000年8月、まさかバンクーバーのロブソンストリートにあるお店のショーウィンドウのTVで、桜庭VSホイス戦が流れていて思わず見入ってしまったのがもう16年も前のこと。

16年の月日と共に、今日カナダで出逢ったミホさんが、ミホさんそっくりの娘さんと一緒にカフェにやってきてくれました。(8年前に同窓会があったけど、僕は仕事ですぐに帰ったなぁ。あの時はちゃんと話できなかったね。)

ミホさんとはfacebookで約1年前に繋がって、たまにメッセンジャーで話するぐらいでした。facebookの前は、電話でたまに話ししてました。

本人は忘れていたけど(笑)、新婚の時に遊びに行って旦那さんと3人でご飯食べたことは今も覚えています。

姉貴肌で、ノリがよくて、いつも周りを笑顔にさせてくれるミホさんのことは存在として僕の中にずっといてたけど、久しぶりに会ったらまたいつものノリで「よっ!」って話できると思ってたら、8年も経っていた。

そんなミホ姉さんが、旦那さんが海外転勤になって、来年家族全員移り住むことになったみたいで、当分会えないから、今日お店にやってきてくれました。

入店そうそう

やっぱりミホさんはミホさんだ。

やっぱり「よっ!」ってノリで、瓜二つの娘さんとお店に入ってきた(笑)

何も変わってないと言えば何も変わってないし、変わったと言えばお互いすごい変わったんだな。

感動の再開とか、涙の再開というシーンではなくて、先週も会ってた?って感じの不思議な感覚。

でも確実に時は流れていて、話したいことはお互い沢山あったんだけど、「何食べる?」とか「来年春にいくねん」とか、普通に話してたな。

娘さんには、僕のこと覚えやすいように「テアモン」って紹介してくれた。

「パパタン&ママタン」のパパタンみたいで覚えやすいんだって。

images

左がママタン。右がパパタン。

だから、僕はテアモン。よろしくね☆

facebookやってたから、再会してもあの日の続きでいられる。そんな気がする。

たまに更新されるミホさんのfacebookを見て、ミホさん元気にやってんな~って、それだけでパワーもらえる。それは、カナダで出逢った友人もそうだし、日々遊んだりしている友人もそうです。

特に楽しかったり、一緒に苦楽をともに時間を過ごした人たちと、facebookでつながっていることで、パワーもらいます。

お互い心はつながっていても、今までは中々合う機会ができなかった。

でも、facebookやってたら、お互い昨日何してたかとか、どこいってたかとか分かるわけで、会ってない気がしないという感覚。facebookあるあるなんですけど、やっぱり会うのが一番楽しいって実感しました。

facebookやってるから、再開しても前あった日の続きでいられる。

facebookやってたら当たり前なんだけど、改めて生活環境変わったなぁって思いました。

ミホさん、今日は久しぶりに会えてめちゃ嬉しかったよ!

海外行く前にまた会おうね!

テアモンより。