Episode of TEAMO

子供の「ごっこ」は自由で、頭のなかにはスゴイ世界が広がってる!

ブロック
Pocket

今日から通常の制作仕事に集中しています。

PCを使った制作仕事も、料理もそうだけど、モノを作って人に喜んでもらいたいのは根本的には一緒ですね。

久しぶりに、PCの前で集中してそんなこと思ってたら、ふと、子供の頃夢中になってたブロックとか積み木を思い出しました。4、5歳の頃、おじいちゃんに買ってもらったブロックと積み木で遊んでたころから、自分の描いていたモノを作るのがとても好きだったなぁ。

例えば、城とか(笑)

城を作って終わりじゃない!城を作ってから、ストーリーが始まる弟とのガン消し遊び。

制作仕事は集中力がいるから、阪急電車を横目にタバコ吸ってたら、思い出した!

そうそう、ブロックとか積み木を組み立てて城を建てるのが目的じゃなかった☆

城を建てた後、ガン消しとかキン消しで、弟とストーリーを作って「戦いごっこ」して遊んでたなぁ。

大概、城を建てるところでだいぶ時間を費やしてたけど(笑)

そんなこと考えてたら、やっぱ子供ってすごいって思った。発想が自由で、どこまでもいくでしょ。

今で言えば、カードゲームか?

目の前のおもちゃで遊んでるんじゃなくて、彼らの頭の中はすごい勢いで動いてバトルしてるんだよ、きっと。最後がハッピーエンドかどうかは置いておいて、そうやって遊んでいるモノの中に、自分たちでストーリーを組み立てて、しかもアドリブに、どんどん話は展開していく。

大人からしたら、ただの「ごっこ」かもしれないけれど、子供たちの中の世界は、とてつもないフィールドですごい話が展開しているってこと、なんか急に色々子供の頃を思い出しながら、今日は制作がすごくはかどった。

今36になって、頭の中に浮かんでくるのは、僕が作った制作物に触れた人たちが、どんな言葉に興味をもって、何に共感して、ブログ読んでくれたり、ググったり、来店してくれるのか?ってことを、想像しながら仕事してたら楽しくてどんどん仕事が仕上がっていきました。気づけばこの時間だし(笑)

でも、もっともっと人のこと、現場の声を聞いたり、生で見に行って磁場を感じることは、特にこの仕事では大事だけど。

たくさん見て、たくさん体験して、たくさん人の話を聞いて、たくさん現場を感じて、この小さな事務所で整理して形にしていくことは、モノづくりやオモシロイことを考えて形にしていく仕事の僕にとっては至福の時間かもしれないなぁ、と思いながら、今日も夜が更けていくのでした☆